日焼け止めクリームと紫外線

「日焼け止めクリーム」は5月頃から化粧の下地として使う女性が多くなっています。「日焼け止めクリーム」を使用するのは夏だけでなく、初夏前から紫外線に気をつけるというのが常識となりつつあるからです。「日焼け止めクリーム」の利用と紫外線量には大いに関係があるからなのです。皮膚のしくみから簡単に解説しますと、皮膚は体の一番外側にある臓器であり、皮膚の表面から深部に向かって表皮、真皮、皮下組織の3層から形成されています。表皮は、皮膚の組織の中では、体の内側を紫外線や化学物質といった有害なものから守る役目をしています。表皮が形成されているのは角質層、顆粒層、有蕀層、基底層の4つの層で、表皮細胞がその基底層から作られます。その後有蕀層、顆粒層、角質層へと押し上げられていった表皮細胞は、最後に角質層で剥がれ落ちます。このように肌が変化することをターンオーバーと呼び、28日の周期で皮膚は新しく生まれ変わります。日焼けのメカニズムは、基底細胞の間には点々と存在するメラノサイトがつくるメラニン色素が日焼けの原因となっています。こんな日焼けの元であるメラニン色素も、実は紫外線が皮膚細胞を破壊しないように守るという、大変重要な役目も持っているのです。しかし、紫外線による日焼けは皮膚にダメージを与えますので、「日焼け止めクリーム」によって日焼けをしないようケアすることにより、肌老化、シミ、シワやたるみの防止をしたいものです。「日焼け止めクリーム」は、このように肌を紫外線から守って、健康で若々しい肌を維持するために大切なものなのです。
看護師の求人で土日休みが希望なんです