日焼け止めクリームの使用方法

その人それぞれに生活スタイルも違い、外出の状況も違うので、「日焼け止めクリーム」もそれに合わせて使うようにするといいでしょう。紫外線を防止するには、さまざまな「日焼け止めクリーム」の使い方で効果をあげることができます。例えば、室内でお仕事をしている人が日に当たるのは朝の通勤だけです。1日の中で日に当たる時間が20~30分程度だけなら、日焼け止め化粧品を毎日使用する必要はありません。1日中「日焼け止めクリーム」をつけたままになる方が、逆に肌に負担を与えていいことはありません。紫外線B波をカットする効果のあるファンデーションを使うようにし、日焼けしそうな部分に重ねて塗るようにすればいいでしょう。「日焼け止めクリーム」は真夏に部分的に使用し、他の化粧品、スキンケア商品併用することもより効果的な日焼け対策になります。家事で1日のうち何度も外に出て日に当たることのある主婦は、毎朝のスキンケアの後に「日焼け止めクリーム」を使うようにし、SPF値は20、PAは++程度のものを選ぶといいでしょう。それと同時にパウダーファンデーションを使うようにして、紫外線防止の対策を強化しましょう。額や頬骨、鼻は紫外線が当たりやすい場所ですから、他の部分よりは多めに「日焼け止めクリーム」を使用しましょう。キャンプや海水浴などに出かける場合は、長い間日に当たることになるので、「日焼け止めクリーム」はSPF値の高いものを使い、SPF20くらいであれば重ね塗りして強い日差しでの日焼けを防止するようにしましょう。「日焼け止めクリーム」にはファンデーションに近いような成分が使われているので、使用した後のクレンジングでは、洗顔料だけではきちんと落とすことはできないので、クレンジング剤と洗顔料の両方でしっかり洗い流し、その後は化粧水などで十分に保湿ケアするようにしましょう。

背中ニキビ跡を治すなら